会社設立を行うと携帯電話や各種手数料は変わるのか見ていきましょう!

携帯電話の場合は、法人で契約する場合は
会社の登記簿謄本が必要です。
個人事業主が事業用に使用する場合であっても
屋号を登記していない限り、屋号名義で購入できないことになります。

携帯電話の使用料を事業用として経費にカウントするには
電話記録を保管しておく必要があります。
携帯電話を事業と個人両方で使っている場合は、
個人で契約して使用料の事業用分をいくらか計上するといった
ように分けて使いこなす必要があります。

携帯電話の料金は会社によっても違いますが、
顧客獲得のために各社のサービスが過熱化していますから
個人と会社のプランでは別のモノを用意しているのが
各社とも普通ですので、用途に合わせたものを選ぶことが必要です。

携帯電話を法人契約とすると、家族割などの
サービスは無くなりますが、家族が会社の役員従業員は
家族割を法人に切り替えて割引サービスプランを
利用することができるようになります。

また自動車保険の保険料も、個人から法人に切り替えることで
確実にアップします。
自動車保険の場合も、事業用でも屋号では加入できません。
個人事業の場合は、個人名で購入して
業務の事業用の使用割合を割り出して、
必要経費とする必要があるのです。

会社は業務目的で車を利用しているので
乗車時間も長いことから事故を起こす確率も高いため
自動車保険は高く設定されているのが普通です。

日常、通勤、通学、業務などに分けられていますが
年齢による割引率も会社と個人では異なりますので、
個人で利用できていたゴールドカードや
家族割引、個人割引なども会社になると
利用できなくなります。

法人契約をすると、自動車の保険料や電話代は高くなってしまいますが
携帯電話の場合はプランごとにいろいろコースがありますので
検討すれば安くなることもあります。

たとえば、グループ間無料通話プランを選択することで、
グループ間または同一キャリア間での社員間通話を無料にする事が
出来たり、盗難・紛失時に遠隔でロックをかけることで、
携帯端末の操作を無効にし個人情報の流出を未然に防ぐことが出来ます。

また、請求書の一括管理が可能になることで、
経理・事務作業が効率化され、間接コストを削減することが出来ます。
たまったポイントを携帯端末購入時に利用することで
イニシャルコストを軽減することも出来ます。

法人携帯の導入にあたっては、いくつかのチェックポイントがあります。

各キャリアより様々なプランが発表されていますが、
社内の利用状況により最適なキャリア・プランは異なる傾向にあります。
まずは、ポイント項目について確認し、導入の検討を行ってください。

また個人事業の場合は個人名での契約となり、最大5回線(1名義)までの契約制限などの
内容になることが多いようです。
通話と同じく、メール利用においても利用状況を大きく2つに分けることが出来ます。

メール送信先に社員間が多い場合
メール送信先に社外が多い場合
プラン選択により、社員間や同一キャリア間での
メール送受信を無料にする事も可能であるため、
通話利用と同様に、社員のメール送受信頻度や、
送信先について把握すれば割安になることもあります。

遺産分割と相続を横浜から発信する
一概に相続とは何ぞやを話せないが奥が深いものです。
www.souzoku-shien.net/legacy/division/030.html

«
»
 

トラックバックURL