カテゴリー: 会社設立ってなぁに

会社設立と従業員

従業員を雇えば、原則として事業主は従業員が 気に入らない、期待はずれという理由で解雇することはできません。

事業が大きくなると、総務経理、営業、事務、技術等のスタッフを
入れていかなくては会社が回転しなくなります。
はじめて従業員を採用する場合、どのようにしたらいいでしょうか?

面接だけで解らないことも多いはずですし、
採用基準を決めるにも判断が難しいところですね。

“会社設立と従業員”の詳細は »

会社設立を行うと資金が集めやすくなる?

個人事業は、出資という観念が存在しません、第三者や親が個人事業主援助をした場合、それは個人事業者への貸付金とみなされてしまいます。 まずは会社設立を行うとメリットがあるのか考えていきましょう!

資金の貸手と借手の間には仲介業者が入るのですが、
仲介業者は取引手続代行により手数料を受け取るだけになり、
資金の流れには関与しないことが普通です。

直接金融においては、債券や株式の価格が市場で
決まることになる。そのため、市場の実勢を反映して
資金が配分され経済が効率的になる特色があります。

“会社設立を行うと資金が集めやすくなる?”の詳細は »

会社設立を行うと携帯電話や各種手数料は変わるのか見ていきましょう!

顧客獲得のために各社のサービスが過熱化していますから個人と会社設立後の法人のプランでは別のモノを用意しているのが各社とも普通です。

携帯電話の場合は、法人で契約する場合は
会社の登記簿謄本が必要です。
個人事業主が事業用に使用する場合であっても
屋号を登記していない限り、屋号名義で購入できないことになります。
“会社設立を行うと携帯電話や各種手数料は変わるのか見ていきましょう!”の詳細は »

会社設立で家族に給料を支払って税金をやすくしよう

妻や父親、子供に給料を支払っている場合、配偶者控除や扶養控除などの面で、 個人事業主が会社設立を行って法人化するメリットはあるのか見ていきましょう!

妻や父親、子供に給料を支払っている場合、配偶者控除や扶養控除などの面で、
個人事業主が法人化するメリットはあるのでしょうか?

まずは、配偶者控除について見てみましょう。
配偶者控除とは所得控除のひとつで、
あなたと生計を一にする配偶者の前年の合計所得が38万円以下の場合に
差し引く控除のことです。控除の額は、配偶者の年齢などによっても違いがあり、
配偶者が70歳未満の場合は、所得税が38万円、
住民税が33万円の控除となります。また、70歳以上の場合は、所得税が48万円、
住民税が38万円となります。同居をしている特別障害者の場合は、別途金額が違ってきます。

“会社設立で家族に給料を支払って税金をやすくしよう”の詳細は »

会社設立で経営者の生命保険料も経費?

会社設立で法人を行うと、退職金にも用意することができる

■法人: 経営者の生命保険料も、会社の必要経費に

 もしもの時のために、生命保険にはいっている個人事業者がほとんどだと思います。
この保険料、月々の支払を負担に感じる方も多いのではないでしょうか?
ご存知のように生命保険料控除というのがあり、確定申告で控除の申告をすることができますが、
控除額はわずかです。
年間10万円以上の保険料を払っていても、一般の生命保険料控除で上限5万円、
同じく年金生命保険料控除で上限5万円の合計最高10万円が生命保険料控除額となるだけです。

“会社設立で経営者の生命保険料も経費?”の詳細は »