会社の設立と雇用についてを述べる

雇用管理サービス
(募集・採用・配置などに関する相談・援助、
高齢者や障害者の雇用管理の援助)
その他のサービス(労働市場、労働条件などの情報提供等)

良い人材の確保とはどういうことでしょう?
事業主が良い人材を確保するにはどうすればいいのでしょうか。
… 良い人材といっても、その企業の方向性や風土、
その人を充てる業務や責任によって「どういう人が適材か」
が違ってきます。

その一方で雇用者側の問題も取り沙汰されています。
被雇用者を人材として活用する努力を怠り、
人材は外部から流れてくるのを期待して求人を出し続け、
これに応募してきた求職者をパートやアルバイトの形で
試用期間として雇用するも、即戦力的な人材ではないと
すぐに解雇する例も少なくありません。

このような場合、当事者のキャリア形成や
その意欲などを損ねる、最悪の場合トラウマや鬱など
心身を損ねかねない問題を与えてしまうことになり
少なくとも経営者としては失格といえましょう。

それだけでなく、既に雇われている被雇用者の
勤労意欲をも失わせ、また個々の被雇用者に即した
扱いをしない事から求心力に欠き、向上心のある
人材も漫然と働かせることでスキル向上が
無い事から職場に絶望してしまう傾向も多々あります。

ほとんどの職業(仕事)には何らかの
ストレスがつきまとっています。

適度なストレスはそれを克服しようとする個人の
人間力や能力の拡大を促すきっかけとなるが、
過度のストレスは体調・健康に悪影響が出てしまいます。

ストレス対策には、「気持ちの切り替え」をうまく行なったり
「心のゆとり」を持つことが有効であり、
過剰な残業や休日出勤は精神疾患の温床となることは
指摘されているため(起きている時間のほとんどすべてが
職業のための時間となると、ストレスが大きくなりすぎる)
職場を離れた場で、友人と本音で話しあったり、
家族と気持ちを通わせたり、気分のリフレッシュに
つながる趣味の時間を持つことは、
人が健康でいるためには必要であることは言われるようになっていますので、
経営者として人材を確保する際には、人を大事にする心を
忘れずに行うことが何より大切です。

「お金を払っているのだから何をしてもよい」という
考えにならないように、会社は下からによって持ち上げられて
いるのだと言うことを忘れないでいただきたいと思います。
それが結局は、良い人材の確保につながることでしょう。

過度な残業・休日出勤をさせ従業員の健康を害した企業は
賠償請求をされるケースも出てきている。
そのため残業・休日出勤を減らす工夫をする企業も
次第に増えてきている。

相続の手続きを会社にもしましょう
会社の取締役が亡くなったり、
代表者が寿命をまっとうしたりしたら、会社の相続が必要ですね。
www.souzoku-shien.net

 

トラックバックURL

コメントを書き込む