権利証の本当のところ

昔のサスペンスドラマでは相続トラブルで発生するの事件の中で象徴的に
「不動産の権利証」が使われていたように思います。

この「権利証」ですが、実は正式名称は「登記済証」といいます。不動産を
取得して登記が完了した際に法務局から発行される書類です。平成17年の不
動産登記法の改正まで使われていました。
自分がその不動産の所有者であることの証明の書類という意味合いで使われ
ることが多いです。
1度紛失をしてしまうといかなる理由があっても再発行はされない、とても
重要な書類です。

そんな登記済証ですが、登記の実務においてもとても大切な役割を果たして
くれる書類となっております。
たとえば、登記簿上に記載されている所有者を本人と確認するためには住所と
名前で一致をとりますが、引越しなどの際に変更した登記をしていないと時間
の経過によりそれを証明できる書類が取得できないことがあります。
しかし、権利証を所持しているということはその不動産の所有者であることに
間違いがないので、登記名義人本人であることを証明する資料となります。

とても大切な書類ですが全ての登記申請に必要なわけでもなく、でもなくすと
やっぱり大変なのです。大切に保管をするのが一番です。

«
 

トラックバックURL