遺言書が見つかっても執行者が死亡していることがある

被相続人が亡くなり、公正証書遺言が見つかり、遺言執行者が
指定されていたけれど、執行者が被相続人よりも先にすでに亡くなっていることが
わかった場合にこの遺言書はどうなるのでしょうか。

遺言の効力は、遺言者の死亡時から発生するのです。そのため、遺言で執行者が
指定されていても、上記のように遺言者よりも執行者が先に死亡している場合には
その条項についての効力は失われてしまっています。
もし、執行者が複数指定されていれば生きている執行者で遺言を執行することが
できますが、指定されているのが1人の場合は執行者死亡により不在という事に
なります。相続人が執行者の地位を引き継ぐということはありません。
遺言が作成されてから効力が発生するまでにはある程度時間が経過することが
おおいのでこういったケースは珍しくはないようです。

このような場合になりましたら遺言の執行は相続人全員が協力して行なう、
または家庭裁判所に申立て新たな遺言執行者の選任のしてもらいます。

«
»
 

トラックバックURL