海外在住の相続人がいるときに必要な証明書とは

遺産分割協議書は相続人がそれぞれ誰がどの遺産を引き継ぐのかを協議し、
その内容を書き残し、相続人全員の署名捺印が必要なものです。
現代では海外留学や、国際結婚などで相続人の中に海外在住の人がいることも
珍しくなくなってきましたね。

遺産分割協議書には実印の捺印が必要であり、印鑑登録証明書を添付します。
しかし海外在住の相続人の場合、日本に住民登録をしていないので印鑑証明書
が発行されません。印鑑登録というのは日本特有のものなのですね。
そういった場合はどのように遺産分割協議書の作成を進めるのでしょうか?

海外では印鑑ではなく、サインが利用されています。そのため、海外在住の
相続人は現地の日本総領事館に出向き「サイン証明」を発行してもらいます。
これが「印鑑証明」の代わりとなります。
日本から送られた遺産分割協議書やパスポート、必要書類を領事館に持って
行き、係官の面前でサインをし印鑑の代わりに拇印での捺印をすることで
発行されます。

海外へは書類の郵送だけでも費用が時間が日本よりも多くかかりますので、
やり直しなどがないようにより慎重な手続きが必要です。

«
»
 

トラックバックURL