家業を手伝った子には特別な相続が発生するのか

親の生前に親の財産の維持、増加に特別の寄与をした子には他の兄弟よりも
相続分を多くすることができます。

このことを「寄与分」といいます。

例えば、生前会社を経営していた父に代わって業績を伸ばしたことで会社の
不動産や有価証券の売却を防ぎ、財産が増加したとします。
兄弟の中で1人だけが自分の人生を犠牲にして親の家業を手伝った場合、
親が亡くなって相続をすることになったなら、家業を手伝った子と、
手伝わなかった子が同じ相続分であるのは不公平であると思われます。

そこで民法904条の2は労務の提供や親の療養看護などによって
「特別」の寄与をした相続人に「寄与分」というものを認めること
としました。

しかし、単に手伝ったというだけでは足りません。普通の貢献ではなく、
長期間に無報酬で、または自己の財産も投資するなど特別の寄与であることが
必要となります。
同居して生活の面倒を見ただけでは特別の寄与にはあたらないとされます。

寄与した人の貢献度をどうのように評価するかは相続人同士で協議をして
決められます。しかし、それができない場合は家庭裁判所に調停を申立て
決定されます。

«
»
 

トラックバックURL