相続税がどのくらいかかるか心配だ

「相続税」は、相続した財産(亡くなった方(被相続人)から引き継いだ財産)に課せられる税金です。

もし高額な財産を引き継ぐことになった場合、いったいどのくらいのお金を払わなければならないのか、
と不安になる方もいらっしゃると思いますが、どうぞご安心下さい。

相続税は、相続する財産の合計額から、一定額を差し引いた金額をもとに計算することになっています。
これを「基礎控除額」といいます。

基礎控除額は、下記のように計算方法が定められています。

『5000万円+(1000万円×法定相続人の数)』

もし、相続した財産がこの金額に満たない場合には、相続税はかかりません。

この計算方法で考えると、たとえ相続人が1人だったとしても、
相続財産が6000万円以内であれば相続税はかかりません。

このように、基礎控除額が高いため、実際に相続税がかかる方はあまりいません。

(参考)
相続人の数:相続税がかからない相続財産の合計額
1人  6000万円以下
2人  7000万円以下
3人  8000万円以下
4人  9000万円以下
5人  1億円以下

相続手続きを神奈川県でサービス中
家族にきちんと相続のあとのことをしてもらいたいのなら、自分の意思を伝えておくことが大事になってきます。
www.souzoku-shien.net

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む