カテゴリー: ちょっとした相続の対策

権利証の本当のところ

権利証は不動産の所持者が登記名義人であることを公的に証明する書類です

昔のサスペンスドラマでは相続トラブルで発生するの事件の中で象徴的に
「不動産の権利証」が使われていたように思います。
“権利証の本当のところ”の詳細は »

遺言書が見つかっても執行者が死亡していることがある

遺言を作成しても効力が発生した時には、指定された執行者が死亡しているということがあります。

被相続人が亡くなり、公正証書遺言が見つかり、遺言執行者が
指定されていたけれど、執行者が被相続人よりも先にすでに亡くなっていることが
わかった場合にこの遺言書はどうなるのでしょうか。
“遺言書が見つかっても執行者が死亡していることがある”の詳細は »

海外在住の相続人がいるときに必要な証明書とは

海外在住の相続人には、印鑑証明書の代わりにサイン証明書を取得してもらう必要があります。

遺産分割協議書は相続人がそれぞれ誰がどの遺産を引き継ぐのかを協議し、
その内容を書き残し、相続人全員の署名捺印が必要なものです。
現代では海外留学や、国際結婚などで相続人の中に海外在住の人がいることも
珍しくなくなってきましたね。
“海外在住の相続人がいるときに必要な証明書とは”の詳細は »

家業を手伝った子には特別な相続が発生するのか

遺産を分割する場合に、特別の寄与のある相続人には、その相続に関して、寄与分が発生します。

親の生前に親の財産の維持、増加に特別の寄与をした子には他の兄弟よりも
相続分を多くすることができます。

“家業を手伝った子には特別な相続が発生するのか”の詳細は »

相続税がどのくらいかかるか心配だ

財産を相続する際に、相続税はどのくらいかかるのでしょうか。相続税には基礎控除額が定められています。

「相続税」は、相続した財産(亡くなった方(被相続人)から引き継いだ財産)に課せられる税金です。

もし高額な財産を引き継ぐことになった場合、いったいどのくらいのお金を払わなければならないのか、
と不安になる方もいらっしゃると思いますが、どうぞご安心下さい。
“相続税がどのくらいかかるか心配だ”の詳細は »